• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

LED

スマートLED ELIXIAという製品について

2021.11.06

 

先日リリースしたheliospectra社製のスマートLED『ELIXIA』

 

 

日本橋店舗の店頭にデモ機がありますので、店内が空いていれば実機で実演・ご説明もできます。

 

 

TOKYが一年以上前から、このELIXIAで植物を育てているのを見て、興味を持って頂いている方も多いと思います (とてもよく質問受けますので)。

 

 

「値段は幾らなんですか?」と聞かれ「17万前後になりそうです」というと皆さん驚かれます。想像の何倍もの値段なのです。

 

 

「植物栽培ライト」として考えるととても高いと感じると思いますが…。

 

 

「ハイパワー」「広い面積照射」「各波長の時間ごとの出力調整」「PCからのwifi管理が可能」などを鑑みて、実際に使ってみると価格以上の満足度があります。

 

 

 

 

例えば、既存の植物栽培用LEDを大量に設置し、植物に近づければ似たような環境は再現できるかもしれません。

しかし、距離が近いと思いの外高熱になるLEDで植物を駄目にしてしまう話をよく聞きます。

 

 

ELIXIAは例えば、高い天井に吊るすことにより広い面積を照射することができます。

そして既存の製品と異なり、ライト自体、もしくは植物の高さを変えること無く各波長の出力でコントロールできます。

 

 

一度タイムスケジュールを入力すれば、あとは自動で稼働してくれますから、電源のON/OFFももちろん必要ありません。

 

 

また、他の植物栽培ライトには無い、西日に含まれる遠赤波長を装備していることもとても大きいと思います。

 

 

一日の最後の30分間、その遠赤を当てるようにしてあげれば、理論上は植物体が太るそうですから、それも大きなメリットかと思います (東京大学 大学院 理学系研究科 理学部によるレポート)。

 

 

都市部で、植物を育てるためには日照を確保することが困難な場合が多いので、そういう意味でもこのELIXIAはそういった人たちの手助けができるのではないでしょうか?

 

 

使用した感想として、ELIXIAのデメリットは…

 

・ファンの音が大きい

・重い(8kg)

・電力消費量が大きい(出力によりますが)

 

上記くらいでしょうか。

 

 

メリットでいうと、ELIXIAは筐体のデザインが良く、白色の光を混ぜることで、ピンクっぽい光を抑えることができるので室内を落ち着いた雰囲気にもできるところかと思います。

 

 

そういった本気の栽培という側面と、生活の中で無理なく使う、という部分を両立できることもこの製品の素晴らしいポイントだと思います。

 

 

ですが、これはある程度使ってみないと実感できない部分も多いので、高価なことに代わりはありませんから特に強く勧めるわけでもありません。

 

 

深刻な食糧不足などを補う為に作られたという意味のあるプロダクトに興味がありましたし、海外の一部では大麻の栽培にも使われるなど、日本のプロダクトでは考えられないような所も魅力だと思います。

 

 

一年以上使って分かったことは色々ありますが、日光で栽培するよりもLEDの方が難しいと感じています。

 

 

植物は様々な種類がありますから、「この植物は調子が良いけれどこの植物は成長しない」などほんの少しの距離やパワーの違いで調子が良くなることもありますし、その逆も日光より顕著に現れる思います。

 

 

それらを鑑みた使い方のポイントは…

 

・遠目から緩く、長時間照射する (24時間はNGです、植物を休ませる時間も必要です)

・日光にプラスの補光として使い始める

 

植物体に近すぎると成長が鈍化する場合が多いので、しっかりと光を当てつつも、少し距離を空けて使ってみる。

 

 

最初から日光ゼロで本製品を試してみるのではなく、日光+補光として使い始めるのなどがオススメの使い方です。

 

 

なにかご質問があればお気軽に聞いて下さい。

 

 

 

ELIXIAの出力は20%くらいです。

一番下のティランジアまではかなり距離がありますが、徒長無く綺麗に育っています。

 

 

最後に、この素晴らしい製品をご紹介してくれたY様。

ありがとうございました!!。

 

 

2020年を振り返る

2020.12.30

最近は筆不精になり、なかなかBlogを更新できていなくてすいません。

 

 

あっという間に1年過ぎてしまいましたが一生忘れられない一年になってしまいました。

 

 

そう新型コロナウィルスの影響ですね。

 

 

不幸中の幸いとして、園芸はインドアで楽しめる側面がありますので園芸を始めた人の多い年でもありました。

 

 

TOKYは鉢の開発と販売を6年以上続けており、手前味噌ですがかなり成熟期に差し掛かっているので皆様の不安に園芸という『癒やし』で対応できたのかなと思っています。

 

 

 

売れ行きの良い鉢にも変化が少しづつ現れていると思っています。

 

 

明るい色の小さな鉢が多く売れるようになってきており、これは黒系の鉢ではモノ足らず新たな仕立ての楽しみを見いだされている方が増えたのではないでしょうか。

 

 

補足ですが、猛烈な温暖化により真夏の黒い鉢は熱を持ちすぎるため明るめの色にシフトしているのかなとも感じます。

 

 

観葉植物は別ですが珍奇植物と呼ばれる多肉植物ゾーンにおいては小さめの鉢が以前よりも多く動くようになっています。

 

 

これは山木の輸入が盛んな昨今ですが実生で植物を育てたり好んで実生植物を集めるユーザーが増えたことを意味しているのではないでしょうか?

 

 

予想ですが2021年は更にその動きは加速すると思います。

 

 

エシカルに植物を楽しむのであれば立派な山木を鑑賞することもいいですが、やはり栽培を楽しむ方向にシフトしていくのはごく普通なのかなと思います。

 

 

TOKYでも一部山木の取り扱いはありますが今後とも信頼できるプロの業者様による輸入品を取り扱いしていきます。

 

 

 

あと、2020年はTOKYの栽培場でもLEDによる栽培を始め成果を得れた年となりました。

 

 

栽培場で使用するスウェーデンのheliospectra社の開発するELIXIAというスマートLED (Wifiによるパソコンなどの端末接続で数値やタイマーなど操作できます)をTOKYで取り扱うことになりそうです。

 

 

こちらはコロナ禍ということもあり本国との連携がスムーズに取れずリリースが遅れておりますが近いうちにお披露目できるかと思います。

 

そして2020年の顔といえばやはりソフビ製ともだち初号機のリリースにつきました。

 

 

ソフビコレクターの間でも好評いただいており、瞬時に売り切れてしまうので未だにお待ちの方には大変ご迷惑をおかけしているのですが来年はもう少し広く欲しい方々の手に行き届く様に努力していきます。

 

 

そしてソフビコレクターと園芸の間に何らかの相乗効果を望んでいましたが、それも少しづつ面白い動きが見られます。

 

 

園芸ユーザーが植物とともだち初号機を一緒に撮影し、SNSにポストする様を見ていたソフビコレクターの方々が植物を買いに実店舗を訪れてくれるなど、そういう小さな幸せを目の当たりにし希望を感じています。

 

 

その逆もあり園芸ユーザーがソフビを集めだしたりと面白いことにもなっています。

 

 

ざっとですが2020年を振り返りました。

 

 

2021年こそは新型コロナウィルスに打ち勝ち、以前の様な世の中が訪れてくれることを願います。